東海 温泉

飛驒山中に潜む衝撃的な露天風呂

投稿日:

「行ったことのある温泉の事でも書けば記事が書けるんじゃないか?」と言うことで、レビューとまでは行かないけど、感想ぐらいは書いてみるシリーズ第六弾。
思い出した様に追加するから、年単位になってきてますね…1

今回は、2015年11月に行った岐阜県下呂市小坂町…の山奥にある、濁河温泉「旅館御岳」です。
あの一件があって、精神的にやられきった私を癒してくれた温泉です。

濁河温泉との出会いは、私が大学生の時にサークルの活動で行った岐阜県御嶽少年自然の家2でした。2006年の事だったかな。
ここの風呂が濁河温泉の湯を引いてたんですね。
飛驒の山奥というシチュエーション、下呂市小坂町の中心部からひたすら山道を行くという道のりが印象的でした。これだけ山奥なので、星も綺麗でした。
そしていつかはちゃんと濁河温泉に行ってみたいと思っていましたが、立地条件やら交通費の問題やらで行けず…
しかも岐阜から岡山へ引っ越したこともあって、ますます行けなくなりました…

2015年11月に、ファジアーノのアウェー岐阜戦が行われるのに合わせて、行くことにした次第です。
まぁ、そのアウェー岐阜戦はすでに記事にしたとおり、ほんと最悪の一件があったわけですがw

さて、レンタカーを借りて、下呂を経由し飛驒小坂からひたすら山道を走って濁河温泉に向かいましたが、濃霧のためにこれがもうほんと怖い道で…景色は見えないし、道幅は狭いしでなかなかにスリル満点でした。
そしてチェックイン時刻ギリギリに着いたのが、霧に囲まれた「旅館御岳」です。

この旅館の魅力はなんと言っても綺麗な星空と渓谷露天風呂ですが…が、この日は雨で星は見えず…
しかし渓谷露天風呂へは入れました。
この渓谷露天風呂、なんと混浴です。ホームページにも書いてあります。
そして源泉掛け流し、吹きさらし、雨ざらし、旅館の建物から160段階段を降りないとたどり着けないという文字にするとすさまじい環境です…
さすがに脱衣室は男女別になってますが、脱衣室を出たらすぐ風呂で、目隠しなんぞないっていう…
まぁあれです。湯原温泉の砂湯みたいなもんです

夕食の飛驒牛と地酒を堪能してから行きましたが、ほろ酔い加減では階段がなかなか厳しかったです。
ですが、風呂は最高!
他の客がたまたまいなかったので、貸切状態。
渓谷の水音を聞きながら、雨に打たれつつ入る露天は最高でした。
都市部からかけ離れているので、人工的な明かりも少なく、ほんとに雨さえ無ければ星見ながら入れたのに…という感じでしたが、出た後に地獄が待ってました(

入るときは160段階段を降りる訳ですが、出たら今度は登るわけです。
ほろ酔いでかつ風呂に入った状態で、160段の階段を登るのはしんどい以外ありません…
途中に何カ所か椅子があったりしますが、それでも旅館の建物にたどり着いたときにはしばらく動けませんでした…
お酒の量に気をつけて入るべきでした(苦笑

私が言ったときは、御岳山の噴火の後だったので、観光キャンペーンなんかもやってた記憶があります。

この旅館御岳と濁河温泉、確かに交通は不便です。
飛驒の山奥のため、どうしても気軽に行ける場所ではありません…
しかし、行くだけの価値は確実にあります。
是非、みなさん一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、このとき飲んだお酒はこちらです。
ほんと美味しかったよなぁ……飛驒牛もうまかったけど、天領酒造のお酒…マジでうまかった……ネットで買えるなら買おうかな…

  1. そもそもそこまでネタが多くないという問題 []
  2. 今は高地トレーニング施設に変わってるようです。 []

-東海, 温泉

Copyright© ワインレッドの つばさぶろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.